Azure にはAzure利用料の他にソフトウェライセンス、マーケットプレイス、SLA違反などによるRefundや割引など様々な項目が存在します。

それらの項目をRippleでは請求書に反映、反映しないなどの制御を行うことが可能です。

他にもAzure Plan IDは請求書では非表示にしたりという細かな設定を行えるので、お客様の運用に沿った形で請求書の作成ができます。

設定内容

エントリの調整自動適用設定

  • Partner Earned Credit 割引 - パートナー割引額

  • ソフトウェアライセンス - ソフトウェアライセンスの項目

  • マーケットプライス - マーケットプレイスの項目

計算ロジック設定

  • 無料利用枠の反映

  • ソフトウェアでのERP Pricingの利用

回答が見つかりましたか?