Rippleですでに請求書を作成したのに、連絡があり、請求書の再設定を行う必要がある場合ってありますよね?

新規アカウントの追加、サポート費用を計上し忘れていたなどなど。

この記事では、そんな時の対処法を記載しています。
下記手順に沿って設定をいただく事で、請求書の設定を変更することが可能です。

1. 該当の請求グループの設定を変更する

左タブの「請求書」の項目から「請求書の作成」をクリック。
その後編集をしたい該当月を選択し、各請求書の左側にあるチェックボックスから設定を変更したい請求グループを選択します。

そして、画面右上の「請求書設定」から変更したい請求書のベンダーを選択。
例)「AWS請求書設定」
変更する内容を指定し「設定変更」ボタンを押して下さい。

*複数の請求書に対して同じ内容に変更する場合は複数チェックをし、一括で変更することが可能です。

2. 請求書を再作成する

請求書設定を変更した請求グループのチェックボックスを選択し、
右上の「請求書作成」ボタンをクリック、「選択中のアイテムのみ作成」をクリックすると再作成が完了します。

※上記手順で加えた変更は当月の請求書にのみ反映されます。

翌月以降も設定を変更したい場合は同時にマスタ設定の変更を行なってください。


回答が見つかりましたか?