Azure Reserved instances はCustomer ID単位で購入が可能です。

Rippleでは購入されたRIを検知した際にRipple左メニューの「コストマネジメント」➡「RI管理」➡「Azure」に一覧で表示します。

RIの一括前払金や月払い金を含めるサブスクリプションを選択することで、RI料金の適応が可能です。

該当RIの「・・・」をクリックすると購入したCustomer IDに紐づくサブスクリプションが一覧で表示されます。

そこで選択したサブスクリプションにRIの一括前払金や月払い金を自動的に適応する設定をすることができます。

  • 一括前払金 = Upfront Fee

  • 月払い金 = Recurring Fee

回答が見つかりましたか?