機能概要

Azureではリソースをリソースグループに紐付けて管理できる仕組みがあります。

Azureリソースグループは環境やプロジェクトなど様々な用途でグルーピングしリソースグループ単位でポリシーの設定や一括管理が可能になります。

Rippleではこのリソースグループ単位でコスト管理を行うことができます。請求グループ作成時にリソースグループを選択し選択したリソースグループのコストの内訳を集計し確認することができるようになります。

請求グループ作成手順

設定手順

  1. Ripple左メニューから「アカウントとグループ」→「請求グループ」をクリック

  2. 右上の「請求グループ追加」をクリック

  3. 請求グループの設定の「リソース設定」からサブスクリプションを選択

  4. サブスクリプションを選択後に「Microsoft Azure」の右横にある設定アイコンをクリックし「リソースグループ」を選択すると請求書にはリソースグループ単位で集計された明細が表示されるようになります。

請求書の表示例:

*デモデータになるので、金額やサービス名は実際とは異なります。

注意点/補足

  • 一度請求グループ作成後に後からリソースグループを表示できるよう変更は可能

  • サブスクリプション配下にあるリソースグループすべてを取得して明細には表示します。

回答が見つかりましたか?