機能概要

Wave for resellerに表示させる項目の細かい設定を行えるようになりました。

表示/非表示の設定が行える範囲は下記となります。

1)ダッシュボード

  • グラフの表示・非表示の設定

2)レポート

  • アカウント毎のグラフ、メニューの表示

  • タグ

  • グループ

  • アカウントメニュー(バジェット機能、その他費用の表示)

3)コストマネジメント

  • Reserved Instance (購入済みのRIの表示、適応率、レコメンド)

  • Savings Plans(購入済みのSPsの表示)

4)その他

  • 請求書

  • APIアクセストークン

  • サブユーザー管理

上記の各項目の詳細を表示/非表示と設定することが可能です。

設定方法

  1. Ripple左メニュー「アカウントとグループ」➡「Wave for Reseller」

  2. 設定を変更したい該当アカウントの「・・・」をクリック

  3. 変更したい項目にチェックマークをつけ「更新する」をクリック

回答が見つかりましたか?