Rippleで対応しているSavings Plansの機能についてご紹介致します。

RIよりもフレキシブルに割引がEC2やFargateに適応されるので、今後はこちらの購入頻度が高まりそうですが、コストの管理でお困りな方は多いのではないかと思います。

Rippleでは、すでにSavings Plansの再計算を実装しており、RIと同様にSavings Plansを解除した金額を任意の単位で集計することができます。

仕組みはRIのTrue Unblended同様にSavings Plansを解除したオンデマンドの料金、そして購入したアカウントのみにSavings Plansが適応されるようにすることが可能です。

Rippleで現在実装している範囲ですが、

  1. Savings PlansのTrue Unblended再計算

  2. 購入したSavings Plansの一覧をRippleにて表示

上記以外にもレコメンデーションの実装やWave対応も順次行っていく予定です。
※Savings Plansは無効化する事も可能です。
他にもご希望の機能要望があればお気軽にお問い合わせくださいませ。

回答が見つかりましたか?